市場ニュース

戻る
2015年09月01日19時00分

【テク】日経平均テクニカル:先週の長い下ひげの価格帯に


9月1日の日経平均は大幅続落で、下げ幅は今年3番目の大きさに。ボリンジャーバンドでは拡大する-1σと-2σとのレンジ推移のなか、-1σに上値を抑えられる一方で、-2σ水準まで下げ幅を拡大させている。パラボリックはSAR値が18860円処まで下がってきていたが、これにタッチすることを避ける格好で陰転シグナルが継続している。一目均衡表では転換線に上値を抑えられる格好。週間形状では先週空けたマド埋めに向かうことができず、反対に17800-18540円辺りの長い陰線に入ってきており、先週のボトム形成との見方が後退していく。週足のボリンジャーバンドでは、-3σ水準であり、売られ過ぎの状況に。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均