市場ニュース

戻る
2015年09月01日18時36分

【市況】あす(2日)の株式相場見通し=急落の後遺症で軟調、波乱展開で市場心理萎える

 あす(2日)の東京株式市場は、きょうの大幅続落の後遺症が残るなかで、日経平均株価は軟調な推移が予想される。
 市場関係者からは「前週後半の3日大幅続伸で、市場参加者の多くはひとまず底入れから反転上昇機運の盛り上がりを感じた。ところが、きょうの700円を超える急落によって市場心理が一気に萎える可能性がある」との見方が出ていた。
 市場参加者が限定されることで、株価指数先物主導による変動幅の大きな相場が際立つことになり、それを嫌って個人投資家がさらに離散するという悪循環が懸念される。
 1日の東京株式市場は朝方から売り優勢で、後場後半になって日経平均株価の下げが加速し、終値は前日比724円79銭安の1万8165円69銭と大幅続落になった。
 前場に発表された8月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が、好不況判断の目安となる50を6カ月ぶりに割り込んだことで景気減速感が再び強まった。
 日程面では、プラント解体工事関連のエンジニアリングおよびマネジメント業務を手掛けるベステラ<1433>、日本国内ブランド商品などの販売を行うセレクトショップ「STUDIOUS」などを運営するSTUDIOUS<3415>がともに東証マザーズに新規上場する。このほか、8月のマネタリーベース、8月31日時点の給油所の石油製品価格に注目。海外では、欧州家電見本市「IFA」(~9日)、米8月のADP雇用統計、米ベージュブックが焦点となる。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年09月01日 19時02分

【関連記事・情報】

日経平均