市場ニュース

戻る
2015年09月01日15時35分

【材料】ながの東急が業績予想を下方修正、「消費の伸び悩みや競合激化などの影響が想定以上」

ながの東急 【日足】
多機能チャートへ
ながの東急 【日中足】

 ながの東急百貨店<9829>は大引け後、通期連結業績予想の下方修正を発表。売上高は224億900万円から215億5200万円に、営業利益は1億7600万円から1億3600万円に、それぞれ引き下げている。
 会社側では修正要因として、「新幹線の金沢延伸や善光寺御開帳の開催に伴う来街者の増加がプラス要因」としながらも、「地方経済の停滞による消費の伸び悩みや競合激化などのマイナス要因の影響が想定以上に大きかった」としている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均