市場ニュース

戻る
2015年09月01日13時55分

【経済】中国:100都市住宅価格が4カ月連続で上昇、8月は前月比0.95%高


中国主要100都市の住宅価格が4カ月連続で上昇した。今年8月の1平米当たり新築住宅価格は、前月比で0.95%高い1万787人民元(約20万5000円)。上昇率は7月を0.41ポイント上回った。前年同月比でも0.15%高に転換。前月比、前年同月比でともに上昇するのは、16カ月ぶりのことという。中国指数研究院が8月31日に報告した。

前月比で見た場合、値上がり都市の数は46→51都市に増加。うち上昇率が1%以上に達したエリアは、13→14都市に増加している。値下がり都市は53→49都市に減少した。

北京、上海など10大都市の平均価格は、前月比で1.95%高い1万9962人民元。上昇率は前月比で0.80ポイント拡大している。なかでも上海の上昇ペースが目立ち、前月比で3.77%上昇した。

100都市の中央値は、前月比で0.76%高い7046人民元に上昇。ただ、前年同期との比較では0.69%低下している。

【亜州IR】

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均