市場ニュース

戻る
2015年09月01日12時17分

【市況】1割の銘柄に短期筋の資金が集中/ランチタイムコメント


 日経平均は大幅に下落。450.20円安の18440.28円(出来高概算12億5000万株)で前場の取引を終えた。中国の景気減速懸念を背景とした海外株安の流れを受けて、売り優勢の展開で始まった。大阪225先物は18750円とシカゴ先物清算値(18800円)を下回ってのスタート。その後は中国の製造業PMIなどの経済指標の発表待ちとなるなか、こう着感の強い展開が続いていた。
 製造業PMIについては予想と一致だったこともあり、下落幅を縮める局面もみられた。しかし、上海指数が1%超の下落で始まったことが嫌気され、売り直される展開に。グローベックスのNYダウ先物が260ドル安程度で推移していることも嫌気されるなか、下げ幅を拡大させている。

 製造業PMI(政府版)は予想と一致、財新製造業PMIは予想を上回っている。とはいえ、判断の分かれ目である50を下回っている状況であり、不透明感の払拭にはならなかったようだ。とはいえ、中国は抗日戦勝利記念日に向けて下支え的な動きをみせてくると考えていたこともあり、ハシゴを外された格好でもある。
 日経平均は5日線で踏ん張れず、8月27日に空けたマド(18442-18486円レベル)を埋めている。ボリンジャーバンドではバンドの拡大に沿った下げであり、ボトムを確認しづらいところである。ただし、週間形状では17800-18500円レベルで長い下ひげを残していることもあり、そろそろ踏ん張りをみせたいところである。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が9割を超えており、全面安商状である。一方で、材料株などにはストップ高をつけている銘柄も散見される。1割の銘柄に短期筋の資金が集中する展開に。(村瀬智一)
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均