市場ニュース

戻る
2015年09月01日10時41分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比276円安、上海総合指数は1.50%安でスタート(訂正)


下記のとおり修正します。
(誤)10時30分時点の日経平均は先週末比276円安、上海総合指数は先週末比1.50%安でスタート
(正)10時30分時点の日経平均は前日比276円安、上海総合指数は1.50%安でスタート

10時30分時点の日経平均は前日比276.37円安の18614.11円で推移している。売り一巡後は下げ幅を縮めていたが、上海指数の下落を受けて再び18600円処での攻防をみせている。

セクターでは精密機器の下落率が3%を超えてきたほか、証券、鉄鋼、電力ガス、その他金融、ゴム製品、医薬品、空運、医薬品、その他製品が2%を超える下落に。一方で、パルプ紙、海運が小幅に上昇している。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、TDK<6762>、エーザイ<4523>、アステラス<4503>、日東電<6988>などが重石に。

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均