市場ニュース

戻る
2015年09月01日10時32分

【材料】<前場の注目銘柄>=プリマハム、業績好調で割安感強い

プリマ 【日足】
多機能チャートへ
プリマ 【日中足】

 プリマハム<2281>は好業績割安株として見直し余地が大きい。

 ハム・ソーセージが主力で、あらびきソーセージ「香薫(こうくん)」などが好調。セブン‐イレブン向けの食品やデザートなどの製造を行っている子会社「プライムデリカ」の業績も伸びている。

 16年3月期の連結純利益は、円安による原料コスト上昇は懸念要因だが生産品目の削減や値上げ効果も寄与し、前期比3%増の66億円の予想と最高益を更新する見込みだ。

 株価は、全般相場の急落で下押しているが、連結PERは12倍程度と割安感は強い。業績好調を評価し、再度400円乗せから一段高が見込めそうだ。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均