市場ニュース

戻る
2015年09月01日09時21分

【為替】東京為替:ドル弱含み、国内株続落を嫌気か


ドル・円はやや弱含み、121円27銭から121円02銭で推移。日経平均株価は185円安で推移しており、国内株安を意識したリスク回避的な円買い・米ドル売りが観測されている。31日の米国株(NYダウ)の下げ幅は縮小したが、中国本土株が下落した影響は残されているようだ。

ユーロ・ドルは底堅い動きを続けており、1.1209ドルから1.1230ドルで推移。

米国10年債は2.21%近辺で推移しており、利回り水準は若干低下している。

ユーロ・円はもみあい、135円85銭から136円05銭で推移。


・NY原油先物(時間外取引):高値48.19ドル 安値47.57ドル 直近値47.70ドル

【要人発言】
・財務省
「4-6月期設備投資は前年同期比+5.6%」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均