市場ニュース

戻る
2015年08月31日21時06分

【市況】<株式トピックス>=通知カード配布まで1カ月、マイナンバー関連賑わう

 31日の東京株式市場は、新たな手掛かり材料を欠くなか軟調推移。日経平均株価終値は、前週末比245円84銭安の1万8890円48銭と4日ぶり反落した。ただ、東証1部の値上がり銘柄数918対して、値下がり銘柄数は897(変わらずは79銘柄)と、250円近い下げとなったにもかかわらず、値上がり銘柄数が値下がりを上回り、中小型株の堅調さが目立った。
 きょうの市場で話題となったのは、全般軟調相場のなかで、マイナンバー制度関連の銘柄が賑わいをみせたこと。この制度は、国民一人ひとりに12ケタの番号を割り振り、年金、医療、納税などの行政手続きを一つの共通番号で効率的に管理するもの。
 制度自体は来年1月からスタートする見込みだが、あと1カ月後の10月から通知カードの配布が開始される。さらに、2018年度から金融機関の預金口座に適用するマイナンバー法改正案の修正案が、今週9月3日にも衆院本会議で可決・成立する見通しだ。
 情報セキュリティー監視サービスを手掛けるラック<3857>をはじめ、ディー・ディー・エス<3782>、アイネス<9742>、富士通<6702>、NTTデータ<9613>など大手も含めてマイナンバー関連が全体相場に逆行する動きをみせていた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均