市場ニュース

戻る
2015年08月31日14時01分

【市況】14時時点の日経平均は先週末終値比259円安、相対的にTOPIXがしっかり


14時時点の日経平均は先週末終値比259.67円安の18876.65円で推移している。12時56分にここまでの安値18749.77円をつけた後は下げ幅をやや縮小。TOPIXは先週末比1.1%安と相対的にはしっかり。ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>の下げが日経平均を押し下げる格好に。先物市場では225先物の商いは5.5万枚。18740円まで下落した後、買戻す動きが入っていることなどから先週末と同じくらいの商いとなっている。

全市場の売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>などメガバンク3行、東京電力<9501>、ソフトバンクG<9984>、マザーズのミクシィ<2121>、アイフル<8515>、村田製作<6981>がさえない。一方、任天堂<7974>、良品計画<7453>、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>がしっかり。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均