市場ニュース

戻る
2015年08月31日12時44分

【市況】日経平均は294円安で後場スタート、下げ幅拡大し下落幅は300円超に/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18841.81 (-294.51)
TOPIX  : 1532.75 (-17.05)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から下げ幅を拡大して始まり、本日の安値を更新。その後も下げ幅を広げており、下落幅は300円を超えている。ランチタイムの225先物はじり安基調が続く中、やや下げ幅を縮めていたが、現物の後場スタート時に一気に18800円を割り込んできていた。昼のバスケットは売り越しとの観測。円相場は1ドル121円05-10銭辺りと円高に振れて推移している。

 セクターではパルプ紙、その他製品、金属、食料品などがしっかり。一方で、保険、機械、鉄鋼、不動産、非鉄金属、倉庫運輸、電気機器などが冴えない。規模別指数は前引け段階で唯一プラスで推移していた小型株指数も下げに転じている。ファナック<6954>、ファーストリテ<6954>が3%を超える下げとなり、日経平均を押し下げている。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均