市場ニュース

戻る
2015年08月31日11時29分

【材料】ジャパン・シニアリビング、大手証券の新規買い推奨も材料視されず

Jシニア 【日足】
多機能チャートへ
Jシニア 【日中足】

 ジャパン・シニアリビング投資法人<3460>が反落。国内大手証券のポジティブリポートが出たものの、全面安の中では材料視されず、株価は本日の安値圏で推移している。
 国内大手証券では、「現在は有料老人ホームなどのシニアリビング施設を重点投資対象としているが、近い将来から病院などのメディカル施設へも投資することで、外部成長を図る」と指摘。高齢者人口の増加が見込まれる中、「政府はヘルスケア施設の供給や証券化市場の整備に力を注ぐ方針」とみて、「同社の存在意義も一層高まる」と解説。
 レーティング「バイ」、目標株価20万1000円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均