市場ニュース

戻る
2015年08月31日07時57分

【材料】ソマール---足もとの業績は5期ぶりの経常黒字転換に向けて順調

ソマール 【日足】
多機能チャートへ
ソマール 【日中足】


ソマール<8152>は戦後間もない1948年に会社を設立して輸入農薬の市場開発を開始し、化学系専門商社としての第一歩を踏み出した。現在では、製造・開発部門を併せ持ち、海外5社の子会社を統率するグループの中核として事業を展開しており、電気・電子、自動車、精密機器、製紙、天然食品材料にまで事業領域を拡大している。電気・電子向けに高機能化学材料等を提供しており、プリント基板向けポリイミドフィルムで日本トップシェア。2016年3月期は業績を大きく悪化させてきた製造子会社ソマテックの事業からは撤退。

2016年3月期は売上高で前期比0.5%増の240億円、経常利益で5.8億円(前期は3.5億円の赤字)と、5期ぶりの経常黒字転換が見込まれている。第1四半期決算と同時に、早々の上方修正も発表していることから、足もとの業績推移は順調。スマートフォンなどの電子機器業界向け関連製商品の販売では特長あるコーティング製品や電子材料の需要が堅調であり、家電用電子製品向けに新たに開発したコーティング製品も販売に寄与してきた。自動車部品業界向け関連製商品の販売では、海外での拡販に努めたことで高機能樹脂製品の販売が増加した。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均