市場ニュース

戻る
2015年08月28日16時38分

【市況】マザーズ指数は大幅に3日続伸、日経平均続伸でリバウンド継続/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場は、海外市場の上昇を受けて日経平均が大幅続伸でスタートするなか、相場の地合いに連れリバウンド基調が継続した。ただ、ミクシィ<2121>やFFRI<3692>など主力株の一角は前日同様、やや伸び悩む格好に。バイオ株が堅調で指数を押し上げた。また、値動きの軽い中小型材料株などに物色が向かった。なお、マザーズ指数は大幅に3日続伸、売買代金は概算で695.62億円。騰落数は、値上がり188銘柄、値下がり22銘柄、変わらずなしとなった。
 個別では、OTS<4564>、SoseiG<4565>、ITBOOK<3742>、UNITED<2497>、モルフォ<3653>などが堅調。DDS<3782>、オプティム<3694>、アクロディア<3823>、ウェルス<3772>がストップ高となったほか、イントランス<3237>、富士山マガジン<3138>、Bガレジ<3180>などの銘柄が10%超の上昇となった。一方、ジグソー<3914>、サイバダイン<7779>、ADWAYS<2489>などが軟調。また、Gunosy<6047>、PCIHD<3918>、イーレックス<9517>がマザーズ下落率上位となった。なお、本日マザーズ市場へ新規上場したメタップス<6172>は、公開価格を下回る初値形成となった。その後も株価は初値を下回る水準で軟調に推移した。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均