市場ニュース

戻る
2015年08月28日11時00分

【材料】日本触媒が大幅反発、SMBC日興が投資判断を引き上げ

日触媒 【日足】
多機能チャートへ
日触媒 【日中足】

 日本触媒<4114>が大幅反発。SMBC日興証券が27日付で投資判断を「2」から「1」とし、目標株価を1950円から2220円へ引き上げたことが観測されている。強固な顧客ポートフォリオと原料安を裏付けに高吸水性樹脂(SAP)の販売数量増とマージン拡大が見込めることや、16年3月期の業績変化率の鈍化が嫌気されて年初来の株価パフォーマンスがTOPIXを若干下回るなど現状の株価に過熱感がないこと、さらに、16年3月期の同証券予想ベースのPERが13倍台と化学・繊維セクター平均の14倍やグローバル展開するおむつメーカーの17~32倍台を下回ることなどが要因としている。

日触媒の株価は10時55分現在1838円(△121円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均