市場ニュース

戻る
2015年08月28日10時54分

【材料】千代田化工建設が急反発、海中・海底(サブシー)関連事業に参入

千代建 【日足】
多機能チャートへ
千代建 【日中足】

 27日、千代建 <6366> がシンガポールのEzra社が設立を予定している海中・海底(サブシー)関連事業を営む新会社ECS社に出資し、持分法適用関連会社化すると発表したことが買い材料。

 同社はECS社を株式取得と第三者割当増資の引き受けにより、50%出資の持分法適用関連会社とする。取得価額は合計で216億円。ECS社への出資により、同社はサブシー関連の設計・調達・建設・据付(EPCI)業務に参入する。

 発表を受けて、日本のエンジニアリング会社として初のサブシー関連のEPCIへの参入を好感した買いが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均