市場ニュース

戻る
2015年08月28日10時19分

【為替】東京為替:ドルは一時121円31銭まで上昇、国内外の株高を意識したドル買い


ドル・円は121円20銭近辺でやや堅調推移。ドルは一時121円31銭まで買われた。日経平均株価の大幅続伸を好感したドル買いは一巡しつつあるが、ドル買いの興味自体は失われていないようだ。中国株続伸の期待があり、ドルはやや強い動きを見せる可能性がある。仲値時点のドル需要は通常並だったようだ。


ここまでは、ドル・円は120円95銭から121円31銭で推移。ユーロ・円は135円92銭から136円30銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1238ドルから1.1251ドルで推移している。

■今後のポイント
・日経平均株価は430円高の大幅続伸
・中国本土株の続伸期待

・10時14分時点でドル・円は121円20銭、ユーロ・円は136円29銭、ポンド・円は
186円93銭、豪ドル・円は87円23銭で推移している。

NY原油先物(時間外取引):高値42.74ドル 安値42.38ドル 直近値42.50ドル

【要人発言】
・甘利経済再生担当相
「経済有事乗り越える時は政府の継続性必要」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均