市場ニュース

戻る
2015年08月28日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(3):イチネンHD、京三、ディアライフ、オプトエレなど

■イチネンHD <9619>  1,117円  +46 円 (+4.3%)  09:06現在
 27日に発表した「東電系自動車リース会社を子会社化」が買い材料。
 東京電力の子会社で自動車リース事業を手掛ける東電リースを子会社化。

■京三製作所 <6742>  342円  +11 円 (+3.3%)  09:06現在
 27日に発表した「インドの協業会社の株式取得」が買い材料。
 同社の協業会社でインド市場向け電子連動装置の生産を行うTSTSの株式を取得し、持分法適用会社化。

■ディア・ライフ <3245>  1,780円  +57 円 (+3.3%)  09:06現在
 27日に発表した「収益不動産とマンション用地を取得」が買い材料。
 東京都港区赤坂の収益不動産と、荒川区西日暮里のマンション開発用地を取得。それぞれの取得価額は14年9月期末の連結純資産の30%未満の額。

■オプトエレクトロニクス <6664>  561円  +30 円 (+5.7%)  09:06現在
 27日に発表した「6.08%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 27日、オプトエレ <6664> [JQ]が発行済み株式数(自社株を除く)の6.08%にあたる40万株(金額で2億1240万円)を上限に、28日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は27日終値の531円)を実施すると発表したことが買い手掛かり。筆頭株主のFP成長支援投資事業有限責任組合が保有株の一部を売却する意向を示したことに対応する。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。

■パレモ <2778>  227円  +9 円 (+4.1%)  09:06現在
 27日に発表した「8月の既存店売上高は前年比4%増」が買い材料。
 8月の既存店売上高は前年同月比4.0%増と、今期に入り初めて前年実績を上回った。

■シンワアート <2437>  293円  +11 円 (+3.9%)  09:06現在
 27日に発表した「7月の取扱高は前年同月比67.2%増」が買い材料。
 7月の取扱高は前年同月比67.2%増。

■RVH <6786>  540円  +18 円 (+3.5%)  09:06現在
 27日に発表した「占いアプリ中国語版をリリース」が買い材料。
 子会社スカイリンクの台湾子会社が占いアプリの中国語版をiOS、Android向けに同時リリース。

■まんだらけ <2652>  711円  +20 円 (+2.9%)  09:06現在
 27日に発表した「7月の売上高は前年同月比2.9%増」が買い材料。
 7月の売上高は前年同月比2.9%増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ファーストブラザーズ <3454>  1,547円  +29 円 (+1.9%)  09:06現在
 27日に発表した「バイオマス燃料会社を子会社化」が買い材料。
 木質バイオマス発電燃料の製造・販売を手掛けるBPC福島の第三者割当増資を引き受け子会社化する。

株探ニュース

日経平均