市場ニュース

戻る
2015年08月28日08時43分

【市況】米9月利上げ依然意識も市場はアク抜けに備える、中国関連は見直しへ/オープニングコメント


 28日の東京市場は堅調な展開になろう。27日の米国市場は、4-6月GDP改定値が予想を上回ったことが好感され、NYダウは369ドル高となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比445円高の19015円と19000円台を回復。これにさや寄せする格好から幅広い銘柄に買いが先行することになろう。

 また、27日の中国・上海市場では、取引終了間際に急伸する展開となった。中国では全国社会保障基金が28日に記者会見を開くと伝わり、年金マネーが市場に流入するとの期待が高まったようである。上海が下げ止まったことが好感ざれるほか、NY原油先物相場が大きく上昇していることも材料視される。資源や素材関連等への見直しが期待されそうである。

 日経平均は19000円処を回復することになろうが、チャート上では8月24日に空けたマド(19154-19435円)下限辺りでの攻防といったところか。米国では4-6月GDP改定値が予想を上回ったことが好感されたが、引き続き9月の利上げ再開への思惑も残っていると考えられるため、積極的な上値追いは慎重になりやすいだろう。

 もっとも9月のFOMCまでは不安定ではあろうが、不透明感が払拭されることになれば、9月利上げ開始としても、市場はアク抜けにつながるとみておきたい。物色としては中国の切り返しを意識し、電子部品や鉄鋼、機械、商社など中国関連の動向に注目。
《AK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均