市場ニュース

戻る
2015年08月27日10時55分

【材料】サントリー食品が反発、国内大手証券では「中期成長力は魅力」と評価

サントリBF 【日足】
多機能チャートへ
サントリBF 【日中足】

 サントリー食品インターナショナル<2587>が反発。買い気配で始まり前日比170円高の4955円でスタート。その後もプラス圏で推移している。
 国内大手証券では、「7~8月の国内の販売数量は好調、商品ミックスも良好」と想定。「欧州において継続してコストダウンが見込まれる規模となり、海外の収益も安定化してきた」との見方で、「食品インフレ終息の可能性が高まる中、中期成長力は魅力」と解説。
 レーティング「バイ」を継続。目標株価を6000円から6400円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均