市場ニュース

戻る
2015年08月27日09時33分

【経済】中国当局、サーキット・ブレーカー制度を導入すべき=ナスダック幹部


外電によると、ナスダックOMXグループの執行副総裁ハンス・オーレ・ ヨコムスン氏はこのほど、中国本土の株式市場が約20年ぶりの最大下落幅を記録しており、中国本土市場も欧米のようにサーキット・ブレーカー制度を導入すべきだと提言したという。

ヨコムスン氏は、サーキット・ブレーカー制度の導入が投資家のパニック売りを防ぐことができると指摘。欧州の全証券取引所でこのシステムが導入されているため、株価メルトダウンなどが発生したことがないと強調した。

なお、中国本土市場は直近5営業日連続で下落し、下落幅は22.85%。5営業日での下落幅は1996年以来で最大となる。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均