市場ニュース

戻る
2015年08月27日09時03分

【市況】東京株式(寄り付き)=米国株急伸を受けて買い先行

 27日の東京株式市場は買い優勢でスタート、寄り付きの日経平均株価は前日比303円高の1万8680円と大幅続伸。前日の欧州市場は目先利益確定の動きで安かったものの、米国株市場ではNYダウが619ドル高と急騰、6年10カ月ぶりとなる上げ幅を記録しており、これを受けて東京市場でも主力株をはじめ買い戻しの動きが続いている。外国為替市場では1ドル=120円台に入るなど円安が進行、これも輸出株中心にプラス材料として働いている。ただ、中国景気の減速懸念は払拭されておらず、不安定な相場環境は続く。中国・上海株式市場は前日もマイナス圏で引け5日続落となっており、きょうも同市場の動きを横目に、東京市場でも引き続き上下にボラティリティの高い神経質な展開が予想される。寄り付き時点で業種別では33業種全面高で、値上がり上位に繊維、非鉄、その他金融、卸売、証券など。  

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均