市場ニュース

戻る
2015年08月27日06時50分

【為替】NY為替:ドル・円は119円95銭、米国経済への自信が再燃、ドル続伸


26日のニューヨーク外為市場で ドル・円は、118円92銭まで下落後、120円03銭まで上昇し119円95銭で引けた。ダドリーNY連銀総裁のハト派発言「数週間前に比べ9月の利上げの切実さは減った」、「国際的な事象はリスクを高め、利上げのタイミングに影響を与える」を受けて、9月の利上げ観測が一段と後退し、ドル売りが優勢となった。その後、予想外のプラスに改善した米国の7月耐久財受注や米国株高を受けた債券利回り上昇で、ドル買いが再燃した。


ユーロ・ドルは、1.1438ドルから1.1290ドルまで下落して1.1314ドルで引けた。プラート欧州中央銀行(ECB)専務理事が量的緩和(QE)拡大の可能性を示唆したため、ユーロ売りが加速した。ユーロ・円は、ユーロ圏の金利先安感が再燃し136円54銭から135円46銭へ下落した。


ポンド・ドルは、1.5593ドルから1.5453ドルまで下落。ドル・スイスは、0.9438フランから0.9552フランまで上昇した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均