市場ニュース

戻る
2015年08月26日19時01分

【テク】日経平均テクニカル:まずは5日線突破を意識


26日の日経平均は大幅に反発。小反発で始まり、一時直近安値を下回る局面もみられたが、その後はじりじりと上げ幅を広げている。ボリンジャーバンドでは依然として異常値ではあるが、-3σと-2σとのレンジ水準まで戻してきている。新値足は長い陰線が4本続いているため、3本新値足が好転するには終値で19737円を超える必要がある。そのため、ハードルが高く、早期の陽転をみせるとすれば、小幅な調整でハードルを切り下げておきたいところではある。とはいえ、このままリバウンドをみせてくることができれば、よりボトム形成が確実となる。まずは5日線、その後、8/24に空けたマド(19155-19435)を捉えてくる流れが意識されやすい。ここまでくると、8/21の次のマド(19737-20033)となり、新値足は陽転をみせることになる。週足形状では終値ベースでマド(18540-19435)があるため、週末終値でマド下限をクリアし、来週以降のマド埋めを意識させておきたい。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均