市場ニュース

戻る
2015年08月26日09時48分

【為替】東京為替:ドルは119円台に戻す、国内株反発を意識したドル買いも


ドル・円は119円10銭近辺で推移。日経平均株価は100円高で堅調に推移しているが、市場参加者の多くは中国株の動向を注目している。株価反発ならば、株高・円安の相場展開となるが、株価続落の場合、ドルは119円台前半で伸び悩む可能性がある。


ここまでは、ドル・円は119円49銭から118円45銭で推移。ユーロ・円は137円61銭から136円73銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1506ドルから1.1561ドルで推移している。

■今後のポイント
・中国株反発への期待でリスク回避の円買い縮小
・118円近辺にドル買い興味残る

・09時43分時点でドル・円は119円10銭、ユーロ・円は137円22銭、ポンド・円は
186円81銭、豪ドル・円は84円72銭で推移している。

NY原油先物(時間外取引):高値39.78ドル 安値39.15ドル 直近値39.26ドル

【要人発言】
豪準備銀行スティーブンス総裁
「豪州の潜在成長率はこれまで考えられていたよりも若干低い可能性」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均