市場ニュース

戻る
2015年08月25日22時39分

【市況】【市場反応】米6月S&Pケース・シラー、FHFA住宅価格指数、予想下振れドル伸び悩む


外為市場でドルは予想を下振れた米国の住宅指標を受けて伸び悩んだ。ドル・円は120円10銭から119円73銭へじり安推移。ユーロ・ドルは1.1465-70ドルで下げ止まった。

米国の6月S&Pケース・シラー住宅価格指数(20都市部)は前年比+4.97%と、予想外に5月+4.99%から伸びが鈍化した。
同時刻にFHFA(米連邦住宅金融局)が発表した6月FHFA住宅価格指数も前月比+0.2%と、市場予想+0.4%を下回り、昨年9月来の低い伸びにとどまった。

【経済指標】
・米・6月S&Pケース・シラー住宅価格指数(20都市部):前年比+4.97%(予想:+5.10%、5月:+4.99%←+4.94%)
・米・6月FHFA(米連邦住宅金融局)住宅価格指数:前月比+0.2%(予想:+0.4%、5月:+0.5%←+0.4%)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均