市場ニュース

戻る
2015年08月25日12時16分

【市況】政策期待高まるが、値動きの荒さと資金の逃げ足の速さには注意する必要/後場の投資戦略


日経平均 : 18744.90 (+204.22)
TOPIX  : 1502.53 (+21.66)

[後場の投資戦略]

 日経平均は一時17800円を割り込んだものの、その後の切り返しにより、前場だけで値幅は1000円を超えている。このままプラス圏で推移できれば、目先的には自律反発の流れが意識されやすいだろう。もっとも、中国の動向などを睨みながらの展開になるため、資金の逃げ足は速いだろう。先物の値動きをみると、値がさの中小型株のような値動きの荒さであり、これに振らされやすい需給状況はしばらく続くと考えられる。また、円相場も同様に株式市場の影響を受けていると考えられる。
 そのため、いったん反対方向に動くと、それに引きづられ、過剰に反応しやすい。政策期待から下に大きく振れることは、本日のところはなさそうだが、値動きの荒さと資金の逃げ足の速さには注意する必要がある。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

日経平均