市場ニュース

戻る
2015年08月25日09時06分

【市況】個別銘柄戦略:インバウンド関連銘柄などは短期リバウンド候補か


海外株式市場の波乱が続く中、本日の株式市場も売り先行の動きが予想されるが、朝方の売り一巡後は、短期的な突っ込み警戒感から自律反発を目指す動きにもなってこよう。ひとまずは、原油市況の大幅安を受けた資源関連株、為替の円高進行を受けての輸出関連株の下げ止まりなどを確認したいところだが、下げ止まりが確認されれば、インバウンド関連など直近で下げのきつかった銘柄群の反発の動きが期待される。中国市場の反発が見られるようであれば、資源関連株にも反発力が強まっていく可能性はあろう。特に目立った材料は観測されていないが、アイフル<8515>の返済前倒し報道なども支援となって、前日に続いてノンバンクの動きには期待も。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均