市場ニュース

戻る
2015年08月25日04時21分

【為替】8月24日のNY為替概況


 24日のニューヨーク外為市場で ドル・円は、120円10銭から116円15銭まで下落して118円60銭で引けた。ダウ平均株価が一時1000ドル安となるなど世界経済の鈍化懸念を受けた世界同時株安、6年半ぶりの安値を更新した原油安を受けてリスク回避のドル売り、円買いが加速。その後、株式相場の回復に連れてリスク回避の動きが後退した。

ユーロ・ドルは、1.1493ドルから1.1712ドルまで上昇して1.1590ドルで引けた。円と同様、キャリートレード手仕舞いにユーロの買い戻しが加速、米国債券利回りの低下に伴うドル売りが加速した。ユーロ・円は、138円55銭から136円03銭へ下落した。

ポンド・ドルは、1.5803ドルまで上昇後、1.5723ドルまで下落。



ドル・スイスは、0.9262フランまで下落後、0.9393フランへ上昇した。



[経済指標]・米・7月シカゴ連銀全米活動指数:0.34(予想:0.20、6月:-0.07←0.08)

《KY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均