市場ニュース

戻る
2015年08月24日21時10分

【為替】欧州為替:ドル一時119円55銭まで下落、米10年債利回り急低下で


ドルは対円で一時119円55銭まで下落した。米10年債利回りが1.9446%まで急低下したことで、ドル売りが強まった。これを受け、ユーロは逆に買いが強まり、今年1月以来の水準となる1.1542ドルまで上昇した。


欧州市場で、ドル・円は119円55銭から120円72銭、ユーロ・円は137円65銭から138円48銭、ユーロ・ドルは1.1457ドルから1.1542ドルのレンジ内で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均