市場ニュース

戻る
2015年08月24日14時45分

【材料】さが美、アドバネクスなど小型材料株に売り集中、個人投資家の信用余力急低下

さが美 【日足】
多機能チャートへ
さが美 【日中足】

 さが美<8201>が東証1部値下がり率トップに売られているほか、アドバネクス<5998>、IBJ<6071>、山一電機<6941>など下げの大きい銘柄は小型株に集中している。これまで値動きがよく、個人投資家の短期資金の物色対象となっていた銘柄だが、全体相場の急落で信用余力が急低下し、結果的に投げ売りの対象となっている状況を物語っている。全体相場は先物主導で売り仕掛け的な下げに見舞われているが、悪循環の連鎖で売りが売りを呼ぶ展開。ファンダメンタルズから離れた狼狽売りを誘発しており、売り一巡後はリバウンドも大きくなる可能性がある。

さが美の株価は14時41分現在140円(▼30円)
アドバネクスの株価は14時41分現在205円(▼39円)
山一電機の株価は14時41分現在905円(▼143円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年08月24日 14時48分

【関連記事・情報】

日経平均