市場ニュース

戻る
2015年08月24日13時09分

【市況】日経平均は下げ幅を拡大

 上海株が8.5%近く下落していることや円高、仕掛け的な株価指数先物売り、国内機関投資家による主力株の大口ロスカットなど、複数の要因が重なり日経平均は一時、800円以上の大幅下落。
 東証1部の騰落レシオが75%水準に入ってきたことや公的の買い支え期待などから、押し目買いの動きも出ているものの、個人投資家の追い証発生、または明日以降の追い証増加懸念も強く、下げ止まらない格好となっている。
 為替市場では、本邦輸出企業のドル買い観測があったものの、急激な円高から個人や短期筋のロスカットも出ているもよう。一部でリスク回避のユーロ買いの動きも観測されているようだ。
《MK》

株探ニュース


日経平均