市場ニュース

戻る
2015年08月24日12時15分

【為替】東京為替:ドル120円台まで下落、日経平均・上海株の大幅続落で


24日午前の東京外為市場で、ドルは対円でリスク回避の動きから軟調地合いとなり、121円を割り込んだ。


ドルは朝方の取引で122円13銭をつけた後は売り優勢となった。その後、東京株式市場の寄り付き前にいったん値を戻しつつあったが、日経平均株価が安寄りしたことから再び売り優勢となった。


週明けの日経平均は欧米株安を受け600円超下落し、前引けとなった。ドルは日経平均の前引け後さらに値を下げ、一時120円73銭まで下げた。


また、上海総合指数も大幅続落となり、外為市場ではリスク回避のユーロ買いの動きが強まった。ユーロは対ドルで大きく買われ、1.1495ドルまで上昇。2月5日以来の水準に値を上げた。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均