市場ニュース

戻る
2015年08月24日11時37分

【材料】田中化研がS高カイ気配、引き続き住友化との次世代正極材の共同開発に関する報道を好材料視

田中化研 【日足】
多機能チャートへ
田中化研 【日中足】

 田中化学研究所<4080>が前週末のストップ高に続き、この日もストップ高水準でカイ気配。引き続き21日付の化学工業日報で、同社の筆頭株主でもある住友化学<4005>がリチウムイオン2次電池の正極材市場に本格参入すると報じられ、そのなかで「資本・業務提携を結んでいる田中化学研究所(福井県)と、従来品に比べて電池容量を最大で7割高められる次世代正極材を共同開発した」とあることを好材料視した買いが入っている。これに対して会社側では、「次世代の正極材に関して住友化学と共同開発を行っているのは事実だが、報道に関しては当社が発表したものではない」とコメント。ただし、電池容量の拡大は電気自動車などの走行距離の拡大につながるだけに、注目が高まっているようだ。

田中化研の株価は11時30分現在701円(△100円)カイ気配


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均