市場ニュース

戻る
2015年08月24日09時33分

【材料】三菱UFJ、三井住友など銀行株の下げ目立つ、リスク許容度低下で売り集中

三井住友FG 【日足】
多機能チャートへ
三井住友FG 【日中足】

 三井住友フィナンシャルグループ<8316>、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、みずほフィナンシャルグループ<8411>など大手をはじめ銀行株の下げがひと際目立つ。銀行セクターは業種別下落率でも最下位を争う状況に売られている。中国経済減速や中国株安に端を発した海外株安の影響で、外国人投資家が利の乗っている銀行株を合わせ切りで吐き出す動きが観測されている。メガバンクは個人株主も多いことから、全体相場にとっても個人投資家の信用余力の低下が投げを誘発する悪循環となっているもよう。

三井住友の株価は9時28分現在4831.5円(▼209.5円)
三菱UFJの株価は9時28分現在780.7円(▼34.2円)
みずほの株価は9時28分現在239.7円(▼10.3円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均