市場ニュース

戻る
2015年08月24日07時06分

【市況】NY原油先物週間見通し:弱含みか、引き続き売られやすいが安値圏で買い戻しも


■NY原油先物
安値:39.86ドル
高値:43.38ドル
終値:40.45ドル
前週末比(騰落率):-6.17%

■下落、供給過剰などネガティブ要因が重なり売り優勢

下落。世界的な供給過剰のほか、イランの制裁解除後の増産、中国経済の失速による需要の減退などネガティブな要因が重なり、一段安となった。2009年以来6年ぶりの安値圏まで落ち込み、一時節目の40ドルを割り込んだ。ドル買い一服も原油価格の下落ペースを緩めることはできなかった。


■弱含みか、引き続き売られやすいが安値圏で買い戻しも

想定レンジ:37.00~44.00ドル

弱含みか。世界的な供給過剰のほか、中国経済の失速で需要の落ち込みも懸念されるなど売り要因が多く、引き続き売り優勢の展開が見込まれる。しかし、米利上げ時期の後退観測からドルがやや値を下げていることから、安値圏で買い戻しが入る可能性もある。ただ、この場合の買い戻しも限定的か。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均