市場ニュース

戻る
2015年08月21日16時23分

【市況】日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅に4日続落、構成銘柄のうち224銘柄がマイナス(訂正)


下記のとおり修正します。
(誤)構成銘柄のうち244銘柄がマイナス
(正)構成銘柄のうち224銘柄がマイナス


21日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり1銘柄、値下がり224銘柄、変わらずなしとなった。

日経平均は大幅に4日続落。20日の米国株式市場では、中国株の下落などから世界的な景気減速懸念が強まるなか、NYダウが358ドル安となった。こうした流れを受けて、日経平均は322円安からスタートし、節目の2万円を大きく割り込んだ。注目された上海総合指数は1%超の下落で取引を開始したが、8月の財新製造業購買担当者指数(PMI、速報値)が前月値、市場予想ともに下回ったこともあり、下落率が一時4%超に拡大した。日経平均も600円近くに下げ幅を広げ、安値引けとなった。下げ幅は今年2番目の大きさだった。

大引けの日経平均は前日比597.69円安の19435.83円となった。東証1部の売買高は27億6527万株、売買代金は3兆1914億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、保険業が5%を超える下落となったほか、その他製品、不動産業、その他金融業、銀行業が下落率上位だった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約106円押し下げた。アルプス<6770>は7%を超える大幅下落となった。特段新規の材料は観測されていないが、海外投資家の換金売りとの見方もあった。前引け時点でプラスを維持していたKDDI<9433>も、大引けにかけて売りに押された。指数構成銘柄のうち224銘柄が下落する全面安の展開となった。

上昇したのは北越紀州<3865>のみだった。売り先行でスタートしたが、前場にプラスへ切り返すと、後場には一時754円まで上昇する場面があった。


*15:00現在


日経平均株価  19435.83(-597.69)

値上がり銘柄数  1(寄与度+0.27)
値下がり銘柄数 224(寄与度-597.96)
変わらず銘柄数  0

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<3865> 北越紀州 744 7 +0.27

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 52170 -1870 -73.41
<9984> ソフトバンクG 7362 -280 -32.98
<6762> TDK 7620 -320 -12.56
<4523> エーザイ 8062 -316 -12.41
<6954> ファナック 19745 -310 -12.17
<6988> 日東電 7967 -289 -11.35
<6770> アルプス 3560 -270 -10.60
<4324> 電通 6350 -270 -10.60
<6971> 京セラ 6098 -131 -10.29
<7270> 富士重 4333.5 -256
.5 -10.07
<6367> ダイキン 7519 -251 -9.85
<9433> KDDI 3166.5 -39 -9.19
<7203> トヨタ 7500 -232 -9.11
<4543> テルモ 3385 -115 -9.03
<8035> 東エレク 6120 -226 -8.87
<7267> ホンダ 3962.5 -107
.5 -8.44
<4502> 武田 6284 -204 -8.01
<7951> ヤマハ 2877 -203 -7.97
<8830> 住友不 4423 -198 -7.77
<2801> キッコーマン 3945 -190 -7.46

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均