市場ニュース

戻る
2015年08月21日14時39分

【材料】米系大手証券、電子材料業界のトップピックは日本ゼオン

ゼオン 【日足】
多機能チャートへ
ゼオン 【日中足】

 モルガン・スタンレーMUFG証券の電子材料業界のリポートでは、「PC需要不振に伴う半導体材料の停滞、スマホ需要スローダウンやTV需要低迷を背景としたディスプレイ関連材料の伸び鈍化から、業績拡大ピッチは鈍い」と指摘。15年度の各社業績は、「コンセンサス予想並みあるいは下回る可能性が高い」と考え、同証券カバレッジ8社合計の15年度営業利益を18.1%増益予想から15.4%増益予想に引き下げ。
 「円安進行はプラスファクター」としながらも、最終需要が想定を下回りそうなことから、業界投資判断「インライン」を継続。個別では日本ゼオン<4205>をトップピック推奨している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均