市場ニュース

戻る
2015年08月21日14時32分

【材料】欧州有力証券、建設・鉄鋼・セメントセクターに前向きな見解

清水建 【日足】
多機能チャートへ
清水建 【日中足】

 クレディ・スイス証券の建設・鉄鋼・セメントセクターのリポートでは、建設セクターは、「製造業の国内回帰による数量ベースの建設投資増加、技能労働者不足を理由とした受注単価引き上げが株価上昇要因」と指摘。セメントセクターは、「セメントの国内販売伸び率がボトムアウト、石炭コスト下落・セメント値上げのマージン改善が実現して、業績改善とともに株価バリュエーション上昇」を予想。鉄鋼セクターは、「建設用鋼材メーカーの株価バリュエーションの割安感が顕著」との見方で、「ROE改善や資本政策拡充によって株価バリュエーションが上昇する」と予想。
 推奨銘柄として、清水建設<1803>、大平洋セメント<5233>、大和工業<5444>を紹介している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均