市場ニュース

戻る
2015年08月21日10時30分

【材料】大手銀行など金融株の下げ際立つ、リスク回避の売りの象徴に

三井住友FG 【日足】
多機能チャートへ
三井住友FG 【日中足】

 三井住友フィナンシャルグループ<8316>、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、みずほフィナンシャルグループ<8411>など大手銀行株に売りが目立っている。業種別下落率でも銀行、保険、証券、ノンバンクなど金融関連株の下げがひと際目立っている状況だ。大手銀行株は個人投資家の保有割合も多く、同セクターの下落が信用余力の低下を呼び全般地合いを一段と悪くしている。市場では「ファンダメンタルズが売りの背景ではないが、銀行株は海外機関投資家にとって利が乗っている銘柄であり、全般リスクオフの流れが強まるなか合わせ切りの動きが加速している」(国内準大手証券)という。

三井住友の株価は10時25分現在5061円(▼231円)
三菱UFJの株価は10時25分現在815.4円(▼34.4円)
みずほの株価は10時25分現在250.4円(▼8.1円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均