市場ニュース

戻る
2015年08月21日10時23分

【材料】双葉電子が一時7%安、ウェアラブル向けOLEDが停滞基調に

双葉電 【日足】
多機能チャートへ
双葉電 【日中足】

 双葉電子工業<6986>が6日続落。株価は一時、前日比135円(7.3%)安の1712円まで売られた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は20日、同社株の目標株価を2800円から2500円に引き下げた。レーティングは「オーバーウエート」を継続した。ウェアラブル向け有機ELディスプレイ(OLED)の売上高は横ばい基調となり、「いったん小休止した印象」と指摘している。同社のOLEDパネル事業はウェアラブル向けフィルム型と車載向け平板型を有している。ウェアラブル向けはリストバンド用途を中心に伸びてきたが、今後の需要見通しを見極める時期に差し掛かったとみている。ただ、車載向けは順調に拡大しているとしている。

双葉電子の株価は10時15分現在1712円(▼135円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均