市場ニュース

戻る
2015年08月20日12時24分

【市況】ボトム意識も中国不安定で押し目拾いも慎重に/後場の投資戦略


日経平均 : 20100.14 (-122.49)
TOPIX  : 1633.06 (-15.42)

[後場の投資戦略]

 日経平均は7月下旬につけた安値水準とのボトム形成が意識されている。また、一目均衡表では雲上限に接近しているほか、26週線に近づいており、売り込みづらいところである。しかし、中国が不安定な中では積極的に押し目買いは入れづらく、内需系やディフェンシブ辺りに絞られそうである。なお、国際通貨基金(IMF)は19日、中国の人民元をIMFの公式準備通貨として採用することは、少なくとも今後1年間はないことを示唆したと報じられている。IMF理事会は、準備資産である特別引き出し権(SDR)の構成通貨を来年9月30日まで現行のまま維持することを承認している。人民元のSDR採用が見送られたことから、元切り下げの流れが続くとの見方もあり、しばらくは中国の動向を見守ることになりそうだ。
《TT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均