市場ニュース

戻る
2015年08月19日14時31分

【市況】14時30分時点の日経平均は278円安、7月訪日外客数は単月過去最高も反応薄


14時30分時点の日経平均は前日比278.67円安の20275.80円。後場開始後下げを拡大し安値圏での推移が続いていたが再度今日の安値を更新する展開に。14時に7月の訪日外客数が発表され、7月としても今年としても過去最高の191万8400人となったが指数への影響は見られていない。上海総合指数は2.5%安とやや下げ幅を縮めている。

全市場売買代金銘柄では、インバウンド関連銘柄の代表格であるラオックス<8202>が瞬間的にプラス圏を回復したものの、その後売り込まれ本日の安値をつけている。また、OLC<4661>、良品計画<7453>などもさえない。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均