市場ニュース

戻る
2015年08月19日13時30分

【市況】13時30分時点の日経平均は前日比253円安、先物市場では短期筋が売り仕掛け


13時30分時点の日経平均は前日比253.84円安の20300.63円で推移している。後場ここまでの高値は12時30分の20418.39円、安値は13時02分の20254.26円。先物市場では225先物の出来高が4.3万枚と商いが増加している。Aアムロなど短期筋による仕掛け的な売りが活発化していることで日経平均は上下に振れやすい地合いに。

規模別株価指数では中小型株の下げが目立っており、大型株は相対的に底堅い。東証1部の売買代金上位銘柄では、東京電力<9501>、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、村田製作<6981>、ファナック<6954>、富士重工<7270>、ダイキン<6367>がさえない。一方、東芝<6502>が引続き大幅高となっているほか、三井住友<8316>、NTT<9432>はしっかり。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均