市場ニュース

戻る
2015年08月19日13時20分

【為替】外為:1ドル124円20銭台に軟化、中国・上海株下落で円買い優勢

 19日の東京外国為替市場でドル円相場は、午後1時時点で1ドル=124円20銭台へ軟化。午前9時時点では124円40銭台で推移していたが、中国・上海株式市場の下落を受け、ドル売り・円買いが優勢となっている。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均