市場ニュース

戻る

【材料】sMedioがS安ウリ気配、販管費膨らみ15年12月期業績予想を下方修正

 sMedio<3913>がストップ安水準でウリ気配となっている。10日の取引終了後、15年12月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の12億2800万円から12億5200万円(前期比27.9%増)へ上方修正した一方、営業利益を同3億1600万円から2億1100万円(同6.6%増)へ、純利益を同1億9600万円から1億2300万円(同39.0%減)へ下方修正しており、これを嫌気した売りが集中している。海外向けカスタム製品の伸長で売上高は上振れる見通しである一方、製品の販売構成の変化による影響を受けたほか、6月に買収した情報スペースののれん償却費や人件費の増加などで販管費が膨らんだことが利益を圧迫するという。
 同時に発表した第2四半期累計(1~6月)決算は、売上高6億4300万円、営業利益1億4200万円、最終利益8500万円だった。なお、前年同期は業績開示を行っていないため、比較はない。

sMedioの株価は10時53分現在3750円(▼700円)ウリ気配


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均