市場ニュース

戻る

【材料】エー・ピーカンパニー---「塚田農場」を中心に既存店舗の売上が順調

APカンパニ 【日足】
多機能チャートへ
APカンパニ 【日中足】

エー・ピーカンパニー<3175>は「宮崎県日南市 塚田農場」「日南市じとっこ組合」などのブランドで居酒屋チェーンを展開。みやざき地頭鶏を、自社養鶏場と契約農家から直接購入することで中間流通を省略。魚に関しては漁業全体の活性化を目指し、各地方の漁師と直結し流通をスリム化することで、高品質・高鮮度・低価格を実現している。

足元の業績では、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)業績は、売上高が前年同期比27.5%増の91.38億円、営業利益が同73.3%増の6.00億円、経常利益が同60.0%増の6.90億円、四半期純利益が同81.4%増の4.06億円だった。

セグメント業績では、生産流通事業の売上高が前年同期比19.7%増の14.16億円、セグメント利益は29.5%増の1.19億円。生産流通事業では、「生販直結モデル」の一部として、地鶏、鮮魚、青果物などの生産及び流通事業を行っている。「塚田農場」ブランド店舗の店舗数増加により、地鶏の生産量の増加及び取扱い青果物の増加傾向が続いており、生産流通事業の売上高及び利益が順調に推移している。

販売事業の売上高は同28.9%増の86.17億円、セグメント利益は同85.1%増の4.82億円。「生販直結モデル」の一部として、外食店舗を運営。「塚田農場」を中心に既存店舗の売上が順調。

15年3月期通期業績については、売上高が前期比28.5%増の203.00億円、営業利益が同29.0%増の13.23億円、経常利益が同16.2%増の14.45億円、純利益が同26.6%増の8.55億円を見込んでいる。

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均