市場ニュース

戻る

【市況】米国株式相場 上昇、ベージュブックを好感しS&P500最高値更新


米国株式相場は上昇。ダウ平均は15.19ドル高の16737.53、ナスダックは17.56ポイント高の4251.64で取引を終了した。5月ADP雇用報告が予想を下回ったほか、4月貿易収支も予想以上に赤字が拡大したことで売りが先行。その後、地区連銀経済報告(ベージュブック)で12地区全地域で経済が拡大したとの認識が示され緩やかに上昇する展開となった。但し明日の欧州中銀(ECB)理事会や、6日の雇用統計への警戒感から上値も限られた。セクター別では、自動車・自動車部品や保険が上昇する一方で電気通信サービスや資本財が下落した。

スポーツ用品のアンダーアーマー(UA)はジェフリーズの投資判断引上げで上昇。生命保険のプロテクティブ・ライフ(PL)は第一生命による買収に合意し急上昇となった。資産運用のレッグメイソン(LM)は、富裕層向け資産管理事業の売却観測で上昇。一方で革製品などのコーチ(COH)がアナリストの投資判断引き下げで下落した。

明日のECB理事会ではマイナス金利の導入に踏み切るかどうかが注目を集めている。

《KG》

 提供:フィスコ

日経平均