市場ニュース

戻る
2013年11月13日15時08分

【市況】(中国)A株は15年に大相場入り、「中国のバフェット」が予測


「中国のウォーレン・バフェット」と呼ばれるファンドマネジャー、劉央氏はこのほど、本土A株市場が2015-16年に大相場入りするとの見通しを示した。過去5年間において、A株のパフォーマンスは世界の主要株式市場を30%以上アンダーパフォームしたと指摘。堅調な中国経済の実態とかい離しているとした。地元メディアが13日伝えた。

一方、香港市場には慎重な見方だ。テクニカル、ファンダメンタルズのいずれで見ても、いったん調整の必要があるとし、10%下落してもおかしくないとの見方を示した。

投資ファンド、西京投資管理の会長を務める劉央氏は、現地で「中国のウォーレン・バフェット」「女の株の神様」などと呼ばれている。香港で経験を積み、2002年に西京投資管理に入社。高いリターンをあげるファンドマネジャーとして有名な人物だ。

《NT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均