市場ニュース

戻る

【決算】しまむら、今期経常を31%上方修正

しまむら 【日足】
多機能チャートへ
しまむら 【日中足】
 しまむら <8227> が9月28日大引け後(15:00)に決算を発表。21年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は前年同期比12.2%増の163億円に伸び、従来の33.4%減益予想から一転して増益で着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の243億円→318億円(前期は238億円)に30.6%上方修正し、増益率が2.1%増→33.3%増に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した9-2月期(下期)の連結経常利益は前年同期比66.6%増の154億円に拡大する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である6-8月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比97.9%増の174億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の6.7%→11.7%に急改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 第1四半期は、新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛が続いたことで、客数が大きく減少して減収減益となりました。一方、第2四半期は、6月の気温上昇、1人10万円の給付金、巣ごもり需要への対応、商品力と販売力の改善効果などにより、客数が増加したことで売上高が回復し、また広告宣伝費を中心に販管費も抑制できたことで、前回予想を上回って推移しました。通期の見通»続く

日経平均